• お問い合わせはこちら
  • 電話0952369040

企業を買収したい経営者様へ

企業を買収する目的

企業を他の会社が買収する場合、買収先が「同業他社」であるか、そうでないかで目的は大きく変わります。

もし買収先が同業他社である場合、商品やサービスが同じであるのと同時に、顧客やマーケットも同じになるので、提供する商品やサービスをより良いものにしたいという目的や市場シェアの確保などの目的で買収することが多いです。

一方、これまでの事業とは全く異なったジャンルの企業を買収しようとする場合、新規事業の獲得はもちろん、周辺分野への進出などをお考えである場合が多く、目的はその企業間の関連性などで変わりますが、それぞれの企業のノウハウを融合させることにより、より強固な企業へと進化させるという目的は共通しています。

企業を買収するメリット

企業を買収するメリットとしてよくシナジー効果を生み出すと言われています。

売上シナジー

買収した側の売上を取り込めるほか、市場シェアの獲得やそれに伴う価格支配力が向上します。

財務力強化

財務状況が良い会社が統合した場合、これまで以上に資金調達力が大きくなったり、低金利での融資が可能になったりします。

生産性向上

互いに不足していたノウハウや技術を共有することで生産性を向上させることが可能です。

コスト削減

仕入れ・販売・流通などにかかるコストや研究開発にかかるコストを削減することが可能です。

企業を買収することで起こるデメリット

企業買収にはもちろんデメリットもあります。

M&Aを契機に顧客が離れたり、買収価格に含まれていた技術やノウハウをもつ経営陣や社員が辞めてしまったり、社員のモチベーションが低下したりするデメリットが考えられます。M&Aはメリットばかりと考えず、デメリットも起こりうるということを予め考えておく必要があります。

クロスダではお客様に起こりうるリスクを最小限にできるよう、

事前に綿密な調査を行い、丁寧に情報を提供いたします。

弊社は九州地区一円をカバーしています!
どうぞお気軽にお問い合わせください!

事業を譲りたい、事業を後に繋げたいと考えられている経営者・オーナー様、
一人で悩まず、お気軽に専門家にご相談ください!秘密は厳守します!